ネットで稼ぐ100の方法

アフィリエイト収入で生活するようになって2015年で10年目。ネットで稼ぐ方法を公開します。

初心者アフィリエイターだった頃の思い出

      2015/12/16

初心者アフィリエイターだった頃の思い出

初心者アフィリエイターだった頃の思い出を書きます。約10年前。facebookやtwitterはありませんでした。mixiはもう存在していました。youtubeはまだ出来立てでどこかあやういアングラサイトの匂いが漂っていました。スマートフォンがなくてみんなガラケーを使っていましたが、まだガラケーという言葉はありませんでした。そんな頃の思い出です。

この努力、報われるのだろうか?と悩む

来る日も来る日もサイト作成。サイトに人が全然来ないのでアクセス獲得のためのあらゆる手段を使いました。コンテンツの充実は当然として、各種ランキングサイト登録。各種掲示板で自作自演の宣伝。(当時はtwitterやfacebookなんてなかったのです)yomi-searchなんてものもありました。

慣れない作業で時間はどんどん過ぎる。夜通し10時間作業しても売り上げは0。夢中で作業して気づいたら夜が白白と明けている。早朝、アパートの階段を降りてパンを買いにコンビニまで歩く。コンビニの自動ドアに貼ってある求人の張り紙を見て気づいてしまう「コンビニでバイトしてたほうがよっぽど稼げるのに俺なにやってんだろ」と。

自由な時間に働き、好きな時に寝る。そんな生活に憧れていたものの、いざ自由になってみると不安で不安でたまらない。買ってきたまるごとソーセージをかじりながらテレビを付ければめざにゅ~で杉崎美香アナが「これからお休みになる方も、そしてお目覚めの方も、時刻は4時になりました」と笑顔であいさつしている。「午前4時から寝る人っていったいどんな仕事してるんだろう」などとひとりごとをつぶやきながら、サラリーマン時代の同僚はこの時間は絶対夢の中だろうななどと想像する。

職場の人間関係が煩わしくて会社を辞めてすっきりさっぱりいい気分だったのは最初の数日のみ。誰も自分を導いてくれない。仕事は自分で作らないといけない。自分で考えた作業を必死にやっても売り上げは0円の日々。

そもそも自分の努力の仕方は正しいのだろうか?と悩む

会社やアルバイトであれば仕事の仕方が間違っていたり非効率だったら注意されます。そして正しい方法を教えてもらえます。しかし一人でネットで稼ぐとなるとそうはいきません。我流のやり方が本当に正しいのか。効率的に稼ぐような努力ができているのか。確かめるすべがありません。とにかく1日でもはやく売り上げを叩き出すのが何よりの処方箋なのですが、なかなか簡単にはいきません。

今は「あなたを稼がせますよ!」と謳う人がネットのあらゆるところで宣伝活動してます。もしも自分が今、なんの知識もない初心者だったら彼らに大金を払って教えを請うかもしれません。

努力の仕方が正しいのか悩んでいるところに、高級車に乗ってギラついた腕時計をチラつかせながら「あなたも経済的自由を手に入れたいと思いませんか?」なんてささやかれたらどうでしょう。平常時だったら見抜ける嘘も、心が弱っている時は見抜けなかったりするものです。

自分がネットで稼ぎ始めた頃はまだここまで「ネットであなたを稼がせます!」な人はあふれていなかったですね。そういう意味では今の初心者アフィリエイターは本当に価値のある情報を見極めるのが大変だろうなと思います。

ASPに騙されてるのでは?と悩む

とにかく初心者の頃はASPにログインして成果を確認しまくります。ですが全く売り上げが出ません。凹みます。凹んで凹んでその挙句「ASPに売り上げをチョロまかされているのでは?」と疑心暗鬼になります。「自分は売り上げを出しているのにASPに抜かれているから売り上げが0なのだ!」などと怒りの感情が芽生えてきます。ですが大抵その考えは杞憂です。ただ単に自分のサイトにチカラがないだけです。人を集客する力がない。人を惹きつけるコンテンツがない。人を行動させるようにつくられていない。等々ですね。

壁は自分を守ってくれる

今回3つの問題を挙げましたがこれは実際に自分が初心者アフィリエイターだった頃に体験した事です。おそらく今のアフィリエイターもこの問題にぶつかっているはずです。そしてこの壁を越えられずに諦める人も多いはずです。

これ以外にも壁はどんどん出てきます。自分の場合は新たな壁が出てきた時に「壁を越えれば今度はこの壁が自分を守ってくれる」と考えるようにしています。壁は言い換えれば”挫折しやすいポイント”です。壁を越えれば今度はその壁が自分を守ってくれます。こんな感じでモチベーションを保つようにしています。

それでもダメな日はビール飲んで早めに寝ます(笑)

 - コラム, 初心者向け